車検時に車庫証明のチェックはありますか?

車検と車庫証明

引越などで車庫証明を届け出ていない場合、車検に影響しますか?

就職、転勤、進学などで引越をした場合、本来は自動車の車検証も変更しなければなりません。しかし車検証の変更には新しい住所での車庫証明が必要になります。

申請にかかる時間や費用の問題でついつい先送りになっている…..実はよくある話なのです。

もちろん、車検証の所有者や使用者に変更があった場合は速やかに届け出しなければいけませんが、車検に関しては影響はありません。

車検時に必要な書類

車検時に必要な書類は

  • 自動車検査証
  • 自賠責証明書
  • 納税証明書

となります。

厳密には「点検記録簿」も必要ですが、業者さんに車検を依頼する場合は業者さんで作成してもらえます。

つまり、住民票も運転免許証も必要ありませんので、車検証の住所と現住所が異なる事が書類上ではわからない仕組みになっています。

実際、車検証の所有者や使用者が旧住所のままでも問題なく車検は通ってしまいます。

本来は、転居など住所の変更手続きは速やかに行うべきですが、車検に関しては変更手続き前でも問題なく通ります。そのまま放置していい訳ではありませんので誤解のないように!

車検証の住所変更をしないと困る事

車検証の住所変更をしないままでも車検には通りますが、手続きをきちんとしておかないと色々とトラブルも出てきます。

まず、自動車税の納付書類は車検証の住所に届きます。
届け出しておけば郵便局が転送してくれますが、一定期間を過ぎると届かなくなります。

また、車庫証明(自動車保管場所証明)は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」に基づき義務付けられています。守らないと罰則の対象になります。

  • 虚偽の保管場所証明申請:20万円以下の罰金
  • 軽自動車保管場所の不届・虚偽届出:10万円以下の罰金

車庫を持たず道路に駐車している場合は

  • 道路を車庫代わりに使用:3ヶ月以下の懲役または20万円以下の罰金(減点3点)
  • 道路における長時間駐車:20万円以下の罰金(減点2点)

とかなり厳しい罰が待っています。

車庫に関する違反などは、車検などの手続きではなく、通報などで発覚するケースがほとんどです。

住所が変わった場合は速やかに手続きをしておく方が無難です。

車庫証明や車検証の変更手続きは面倒ですが、一回やってみるとそう難しいことではありません。やった事があるかないかだけの事です。覚えておくと自動車を買い替えた時など車庫証明の代行手続きを業者に依頼せずに済みますので代行手数料(数万円)を節約できますよ。

車検を比べるなら車検専門店がオススメ

ホリデー車検

車検はディーラーや整備工場だけでなく車検専門店でも見積してもらいましょう

  • 総額比較で全国平均より2.2万円安
  • 最短30分のスピード車検
  • 高い整備技術と品質管理で全店ISO取得
  • 安心の立会い車検
  • インターネット24時間予約受付

車検費用っていくらなの?

スポンサーリンク
AdSense
AdSense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AdSense