車検と24ヶ月点検の違い

車検

車検と24ヶ月点検って何が違うの?

車検明細を見ると「24ヶ月点検」または「法定点検」という項目が見つかるはずです。
車検とセットで受けるので、「車検」と「24ヶ月点検」を同じ物と考えている方も多いのですが、まったく別物です。

そもそも車検って何?

車検とは「自動車検査登録制度」の略です。
なんのためにしなければならないかというと「自動車が道路を安全に走れる状態であることを確認すること」と「自動車の所有権を公に認めてもらうため」に行います。

関連記事:車検ってそもそも何?

簡単に言うと「ちゃんと走って、曲がって、止まるか」「ブレーキランプ、ヘッドランプ、ウィンカーなどが規則通りに働くか」といった検査です。「税金の支払い」「自賠責保険の支払い」など所有者としての責任を果たします。

乗用車の場合、車検には2年の有効期限(新車時は3年)があり、期限内に更新せずに車を使用すると免停などの行政処分の対象になります。悪質な場合には罰金刑も同時に課せられます。

24ヶ月点検とは?

24ヶ月点検とは法律で定期的に受けることを義務付けられている点検(法定点検)の一つです。
ハンドル、ブレーキ、サスペンション、エンジン、点火系、排気系など56項目をチェックします。

2年毎に行うことが義務付けられているため車検時に一緒に行うことが一般的です。
しかし不思議なことに、法律的には車検との直接的な関係はありません。

車検前でも車検後でも受けておけば良いということになっています。

法定点検は法律で義務づけられていますが、受けなくても罰則がありません。
これは12ヶ月点検などの法定点検にも当てはまります。

そのためユーザー車検や車検代行サービスを利用するドライバーの中には車検時に「車検後に24ヶ月点検を受ける」事にしておきそのまま受けずに道路を走っている例もあります。

24ヶ月点検は自分でもできますが、ブレーキの分解整備など特殊な工具や設備も必要になるため現実的には難しいでしょう。また、自動車整備士の資格を持たない人が他人の車の法定点検を行うことはできません。

車検と24ヶ月点検を解りやすくたとえると

健康診断

車検と24ヶ月点検を解りやすく例えると車検は会社の健康診断、24ヶ月点検は人間ドックによく似ています。

健康診断は現在の健康状態を調べるものです。
会社はあなたを雇用する上で健康診断をうけてもらわないと困りますので健康診断から逃げ続けると上司から叱られますし、仕事が出来なくなります。

人間ドックは健康診断では見つからない病気や将来的に健康に過ごすために体をくまなく調べるものです。受けた方がいいのは解っていますがあくまで任意です。

その整備、今すぐ必要?

24ヶ月点検は大切です、車検時には受けておくことをお勧めします。
しかし24ヶ月点検を受けた結果、大量の消耗品交換を勧められるケースがあります。

消耗品は早めの交換が安心ですが、まだ使える部品を交換してしまうことは不経済です。
勧められるまま部品交換や消耗品交換をしていると車検費用が上がってしまい高額になってしまいます。

「次の車検まで持ちませんよ」と交換を勧めらる場合もありますが、そもそも次の車検まで持つ必要はないのです。自動車の消耗品は走行距離で管理出来ますので、交換時期まで使って交換すれば出費を先送りすることができますし、何より今使っている部品が無駄になりません。

ブレーキが利かない、ライトが付かないなど車検を受ける上で問題がある部分は整備や修理が必要ですが、それ以外の整備は何も今でなくてもいいのです。

出来れば一緒に交換して少しでも売り上げを上げたいという業者さんのセールストークだと考えましょう。

関連記事:自動車屋さんは車検で稼ぎたい

しかし自動車に詳しくないとどれが車検に必要な整備でどれが前倒しの消耗品交換なのか、判断が難しいものです。車検の見積書そのものがそのあたりを明記していませんし、解りにくい方が業者さんはメリットが多いのでしょう。

お勧めは車検を比較することです。
ディーラー、整備工場、車検専門店などで見積もりを比べることで何が必要で何が後回しでも良いのかが解ります。車検時期がきたらまず複数の見積もりを取ることから始めましょう。

車検を比べるなら車検専門店がオススメ

ホリデー車検

車検はディーラーや整備工場だけでなく車検専門店でも見積してもらいましょう

  • 総額比較で全国平均より2.2万円安
  • 最短30分のスピード車検
  • 高い整備技術と品質管理で全店ISO取得
  • 安心の立会い車検
  • インターネット24時間予約受付

車検費用っていくらなの?

スポンサーリンク
AdSense
AdSense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AdSense