車検費用はクレジットカードで払える?

車検費用とクレジットカード

車検費用ってクレジットカードで払えないの?

  • まとまったお金を持ち歩く必要がない
  • 追加費用があった時でも柔軟に対応が可能
  • 手持ちの現金は置いておきたい。
  • 車検費用は次の給料から捻出するのでとりあえずカードで
  • 高額な買い物のため、カードで払うとポイントでの還元が大きい

など、ユーザー側からすれば車検費用をクレジットカードで清算するメリットは多くあるため、クレジットカード清算を希望するユーザーは決して少なくありません。

そういった市場の声を受けて、クレジットカード清算が出来る業者さんは年々増えているように感じます。

しかしながら、まだ一般的とは言えませんので、見積もり時にクレジットカード利用が可能かどうかの確認が必要です。

業者側にデメリットが多い車検のクレジット清算

実は私たちにとってメリットの多いクレジットカード清算ですが業者さんにとってはデメリットも多いのです。

手数料の問題

クレジットカードには利用手数料がかかります。
これは通常、物を売る側、サービスを提供する側が負担しています。

手数料率は個々の契約やカードの利用総額で異なりますが、5%から8%といったところが相場ではないでしょうか。

物を売る側からすれば、出来れば利益は多い方がいいのは当然です。
そのため、手数料負担が発生するクレジットカードは歓迎したくないというのが本音でしょう。

実際にはカード払い手数料負担をユーザー(お客)に求める業者も存在します。
しかし、これは業者が現金客とカード払い客を差別することになり「クレジットカード加盟店規約」違反です。

法定費用の問題

上の手数料と大きく関係しますが、車検費用には自動車税、自賠責保険など法律で決まっている費用が含まれます。

この費用はどこで車検を受けても変わりません。
業者さんからすれば、我々から預かって、行政と損害保険会社に支払うだけです。
右から左へ通過するだけの費用です。1円の利益もありません。

つまりこのような利益のない売上にもカード清算の手数料が発生します。
業者さんからみれば、この部分は赤字になってしまいます。

しかしながら自動車税のクレジットカード納付が可能な行政機関が増えています。(数百円手数料が必要。)
自動車保険の保険料もクレジットカード払いは珍しいことではありません。

現状、自動車屋さん、業者さん個々では難しい問題ですが、環境が整えば、法定費用のカード払いは解決するのではないでしょうか?

業者さんによっては「法定費用」はカードが使えないとしているケースもあります。

カードOKを謳い文句にしている業者さんを探そう

そういった中でカード払いを歓迎の業者さんもあります。

大手ディーラーでは、系列カードなら利用可としているケースが一般的です。(トヨタならTS3カード、日産なら日産カードなど)

特に車検専門店では、車検費用のクレジットカード払いOKな業者さんが増えています。
特にインターネット集客に熱心な業者さんは、クレジットカード清算に積極的な傾向があります。

わざわざ問い合わせなくてもカード払いOKな業者さんはホームページに明記してあります。
確認してみてください。

カード払いでも比べよう!

車検費用をカード払いしたい場合は、カード払いが出来る業者さんを探しましょう。
カード払いがOKの業者さんはホームページに記載している事が多いので事前にチェックして見ましょう。(記載が無いところはおそらく扱いが無いと考えて良いでしょう)

今、手持ちがないからという方は、「カードOKならそれでいいや」と決めてしまう傾向があります。

車検費用をクレジットカードで払うことは何も悪いことではありません。
でも「支払い方法だけで決めたら、なんか割高だった!」なんてことになる場合も

カード払いが条件ならカード払いを前提に費用や内容を比べてから車検を依頼しましょう。

車検を比べるなら車検専門店がオススメ

ホリデー車検

車検はディーラーや整備工場だけでなく車検専門店でも見積してもらいましょう

  • 総額比較で全国平均より2.2万円安
  • 最短30分のスピード車検
  • 高い整備技術と品質管理で全店ISO取得
  • 安心の立会い車検
  • インターネット24時間予約受付

車検費用っていくらなの?

スポンサーリンク
AdSense
AdSense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AdSense