車検で追加費用の請求を防ぐには?

車検見積

車検で見積以外の費用を請求されたら?

車検が終わって支払いをしようとしたら、「追加料金」が…..

事前に料金と内容を比較し、納得して車検を依頼したとしても見積以外の追加請求があったら意味がありませんね。

今回の記事は車検と追加請求についてご紹介します

追加請求が起きる理由

車検費用で追加請求が起きる理由はいくつか考えられます。

見積時の想定外

見積書

車検の見積は年式や走行距離からあらかじめ必要な消耗品なども盛り込んで計算されますが、あくまで目安です。また、見積時は外側からしか判断ができないため想定外の部品交換が必要になり、追加費用が発生するケースがあります。

これはある程度は仕方のないケースです。

しかし、だからといって依頼者に断りなく交換をしてしまうのは良心的とは言えません。
やはり、〇〇が追加になります。作業して良いでしょうか?と許可を得るのは商売の基本とも言えます。

実際に多くの業者さんは、許可なく交換したりはせず、依頼者に確認を取ってから作業されますが、中には「車検を通すのに必要だから」と作業をしてしまい、追加請求が発生しトラブルになる例はよく耳にします。

追加料金ありきの車検業者

車検業者さんの中には安さを売り物にしている業者さんもいます。
基本料金を低く設定して広告を出している業者さんの場合はそもそも最低限の消耗品しか含まれていませんので、実際に作業が始まるとプラスアルファが必要になりがちです。

価格勝負の業者さんの中には、追加料金で儲ける事が前提の業者さんも含まれます。
基本料金の安さでお客を集め、お客の知識の無さにつけいり交換の必要がない部品を交換したり、必要のない経費を請求するなどの被害はよく耳にします。

悪徳業者

本来は依頼していない費用を支払う必要はないのですが、車検は車を預けてしまうため、支払いをしないと車を返してくれない場合もあり、泣き寝入りになりがちです。

追加請求を防ぐには

見積対応が丁寧な業者さんにお願いする

年式、走行距離、外観だけで見積をする業者さんは、見積時に見落としも多く追加料金が発生することが多くなります。

見積時にジャッキアップしてブレーキ周りや下回りを確認してくれる業者さんは見積も正確ですし、仕事も丁寧な傾向があります。

ジャッキアップ

また交換する消耗品には「交換しないと車検に通らないケース」と「車検には通るけど、交換しておく方が安全や車の寿命のためには良いケース(予防整備)」があります。
この辺りの説明をきちんとしてくれるのが良心的な業者さんです。

値段だけを比較するのではなく、見積時の対応も業者さん選びのポイントになります。

追加作業は連絡をもらうことを徹底する

車検の間、お店から離れる場合もあるでしょう。
そんな時は見積以外に作業が発生する場合は、連絡をもらうようにお願いしておきましょう

もちろん、出来る限り携帯電話に出られるようにしておく方がスムースです。
出られない場合は折り返し連絡してあげましょう。

立会い車検

車検専門店の中には「立会い車検」というサービスを用意しているお店があります。
立会い車検というと、車検中作業をずっと見ているんでしょ?と勘違いしがちですが、そうではありません。

作業前に立ち会い、車の状態を整備士さんと一緒に確認し納得してから車検を依頼するサービスです。

こうする事で追加費用の心配も少なくなりますし、万が一必要になっても連絡をくれますので安心です。

車検を比べるなら車検専門店がオススメ

ホリデー車検

車検はディーラーや整備工場だけでなく車検専門店でも見積してもらいましょう

  • 総額比較で全国平均より2.2万円安
  • 最短30分のスピード車検
  • 高い整備技術と品質管理で全店ISO取得
  • 安心の立会い車検
  • インターネット24時間予約受付

車検費用っていくらなの?

スポンサーリンク
AdSense
AdSense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AdSense