車検を比較すると安くなるのは車検費用だけではないのです!

車検を比べるメリット

車検を比べると安くなるのは車検費用だけじゃない!

このブログでは「車検」も車を買う時同様に色々な業者さんを比べてからお願いしましょう!ということをオススメしています。

しかし、それは単に車検費用の安いところを探したり、競合をあおって値引きを引き出すということばかりが目的ではないのです。

実は車検を比べることで車検費用以外のある費用がグンと安くなるのです。
それではそのある費用をご紹介していきます。

そもそも車検費用はそんなに大きな差はない

実際に比較してみると解りますが、車検費用そのものははどこに依頼してもそう大きく差があるものではありません。

そもそも車検費用は自動車重量税、自賠責保険などどこで受けても同じだけかかる「法定費用」と車検を通すための「検査費用」、「24ヶ月点検費用」、消耗品の交換などにかかる「予防整備費用」の合算です。

車検費用の内訳

継続検査費用や24ヶ月点検の費用は業者さんごとに差はありますが、数千円から数万円程度です。一番安い業者さんに依頼すれば当然安くなりますが、比較して得られるコストメリットは車を買う時ほど大きくありません。

ではなぜ比較することで節約になるかというと無駄な「予防整備」を減らすことにつながるのからです。

車検費用を膨らますのは無駄な予防整備

  • ブレーキパッド減ってますね。交換しときましょう。
  • バッテリーも交換した方がいいですね。
  • ブレーキディスクの研磨をするとブレーキが長持ちしますよ。

車検の見積もりをお願いするとオススメのメンテナンスがたんまり入った見積書が出来上がってきます。

もちろん、安全面で問題がある場合は、交換しておくのは当然ですが、本当に交換が必要かどうかは私たち素人では判断がつかないことも多いはず。

ついつい言われるまま、お願いすると車検費用が予算オーバーして家計を圧迫、厳しいけど安全のためならと渋々支払った経験のある方も多いのでは?

車検を比べると無駄な予防整備がわかる

複数の業者さんで車検を比較すると業者さんごとに交換を勧められる消耗品やメンテナンスが違うことに気がつきます。

もしも、「交換しないと車検が通らない」「交換時期がもうすぐ、または超えている」という部品なら、どの業者さんでも指摘されるはずです。

特定の業者さんでだけ指摘される項目は、「次の車検まで持たないから交換」という判断になっているか、「その業者さんが売りたい部品やサービス」をオススメされていると考えることが出来ます。

車検費用を比べることで「やらなくていい予防整備」を見つけることができます。

消耗品の交換を早めにすることは悪いことではありません。
ギリギリまで使うことで車の寿命を縮めてしまうことだってあるかもしれません。

しかし、まだ半年一年使える部品を車検のついでに交換というのはやはり無駄が多いと言えます。ほとんどの消耗品交換時期は走行距離で管理できますので、適切な時期に交換すれば問題はありません。

車検を比べるときは「消耗品の交換」内容やメンテナンス項目に注目すると無駄な予防整備を避けることになり、費用の節約につながります。
多くの業者さんで指摘される項目は、交換しておいた方がいい、やっておいた方がいい整備とも言えます。その部分はしっかりと整備してもらいましょう。

車検を比べるなら車検専門店がオススメ

ホリデー車検

車検はディーラーや整備工場だけでなく車検専門店でも見積してもらいましょう

  • 総額比較で全国平均より2.2万円安
  • 最短30分のスピード車検
  • 高い整備技術と品質管理で全店ISO取得
  • 安心の立会い車検
  • インターネット24時間予約受付

車検費用っていくらなの?

スポンサーリンク
AdSense
AdSense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
AdSense